東京オリンピックに向けて道路標識を改善。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3

外国人旅行者にもわかりやすい道路案内標識にかけ替えられる。
この取り組みは、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、外国人旅行者が見てわかりやすい道路案内標識に改善しようと、国交省と東京都などが進めているもの。
具体的には、ローマ字表記の「万世橋 Manseibashi」に、新たに英語の「Bridge」を併記したり、ピクトグラムと呼ばれる絵文字を使用する。
17日夜は、東京・秋葉原周辺で、およそ50枚の標識が張り替えられたが、今後は、2020年に向け、新宿や銀座などの観光地や、オリンピックの競技会場が集まる湾岸エリアなどで、重点的に整備が行われる。

道路標識の改善を聞いて思い出した事があります。
ピクトグラムって1964年東京オリンピックに生み出されたのは、皆さん、ご存知でしたか?

ダウンロード

そして上の画像!誰もが知っていて、世界共通のマーク!そうトイレのマークです。
このマークは、日本が作り出したピクトグラムだそうです。

凄いですよね!

2020年、東京オリンピックに向けて新たなピクトグラムが出てくるのかどうか?も楽しみにしたいですね。

転用元URL・動画有り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*