2020年東京オリンピックまでに外国人旅行者数が大幅に増加!

suii2012

外国人旅行者の目標数、3000万人に引き上げへ

2020年に日本を訪れる外国人旅行者の目標数について、政府がこれまで1年間に2000万人としていた目標を大幅に引き上げ、3000万人とすることが明らかになりました。

「観光立国」を目指す政府は、観光需要を取り込み経済活性化につなげるため、東京オリンピックが開催される2020年の外国人旅行者の誘致目標を、当初「2000万人」と設定していました。

こうした中、東南アジア諸国に対するビザ発給要件の緩和や円安の影響などが功を奏し、昨年、日本を訪れた旅行者は1300万人を超え、予想を上回るペースで増加していることから目標を1000万人上乗せし、2020年の目標を「3000万人」とすることになりました。

政府は来月まとめる「観光立国実現アクション・プログラム2015」に盛り込む方針です。(26日17:20)

TBSニュースより転用 転用元URL

目標を一気に1000万人も増やしました。またこれからも増えそうですね!外国人旅行者が日本に来た時に「良い国だな」と思って頂けるような日本にしていきたいですね。これからオリンピック開催まで本当に楽しみですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新国立競技場は2020年東京オリンピックのメイン会場なのに屋根がない!

slide_351413_3792747_free

2020年の東京オリンピックは、メイン会場となる新国立競技場の屋根の建設が間に合わないことが判明した。

下村博文・文部科学相が5月18日、東京都の舛添要一知事と都庁内で会談した際、建設コストの抑制や工期短縮を目的に、新国立競技場の整備計画を見直すことを明らかにした。その際に「屋根なしなら間に合う」と伝えたという。朝日新聞デジタルなどが報じた。

新競技場は19年ラグビー・ワールドカップの会場としても使われる。下村文科相は「19年春には、競技場そのものは間に合わせるが、全てをやっていると間に合わない。屋根なしなら間に合う」と説明。

新国立競技場、東京五輪は屋根なし 「間に合わない」:朝日新聞デジタル 2015/05/18 13:39)

■ザハ・ハディドさんの当初案から迷走

新国立競技場は当初、2012年にコンペで選ばれたイギリスの建築家、ザハ・ハディドさんがデザインした。この当初案では天候にかかわらず使用できる開閉式屋根と、約8万人を収容できるスタンドを備える施設となっていた。

国立競技場の建て替えは、当初の予算は1300億円の予定だったが、ザハ・ハディドさんの設計通りに作ると3000億円まで工費が膨らむことが判明

日本スポーツ振興センター(JSC)はハディドさんの原案のまま建設することを諦め、原案のテイストを残しつつ、大幅に規模を縮小し、総工費1692億円の修正案で建設することを決めた。

しかし、資材の値上がりで総工費が上回る可能性が出来たことで、整備費の減額や工期短縮を図るために、さらに建設プランを変更することになった。下村文科相は5月18日の舛添知事との会談で、新国立競技場の屋根の建設はオリンピック終了後となる見通しを示した。また、当初計画していた8万人収容の一部を仮設スタンドとし、オリンピック後に5万人規模へ縮小されるという。

下村文科相は舛添知事に、周辺整備にかかる費用500億円の負担を要請。これに対し、舛添知事は整備費用が膨らむことが予想されることなどに触れ、「協力は惜しまないが、もっと都民や国民に情報開示をしてほしい」と話し、詳細を聞いた上で検討する考えを示した

以前の国立競技場は5月までに、本体の解体作業がほぼ完了した。10月から新競技場の建設が着工される予定だ。

より転用 転用元URL

日本で開催される2020年東京オリンピックでメイン会場となる新国立競技場の工事が間に合わないそうです。当初計画にあった競技場の屋根は大会後に整備し、8万人の観客席の一部を仮設とする考えを明らかにされましたが…

メイン会場では下記の開催競技があります、天候が悪くなったらどうなるのでしょうか??

開催競技

  1. 開閉会式
  2. 陸上競技
  3. サッカー
  4. ラグビー

オリンピックスタジアム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0