オリンピックの由来と神話(ギリシャ神話)Elis

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Particular_of_the_Zeus'_temple,_frontone_est,_Olimpia

ゼウス神殿東の群像装飾(左:オイノマオス、中央:ゼウス、右:ペロプス)

ギリシア神話に残る祭の起源には諸説ある。

ホメーロスによれば、トロイア戦争で死んだパトロクロスの死を悼むため、アキレウスが競技会を行った[1]。これがオリュンピア祭の由来であるとする説がある。別の説によれば、約束を破ったアウゲイアース王を攻めたヘーラクレースが、勝利後、ゼウス神殿を建ててここで4年に1度、競技会を行った、といわれる。さらに別の説によれば、エーリス王・オイノマオスとの戦車競走で細工をして王の馬車を転倒させて王を殺し、その娘・ヒッポダメイアと結婚したペロプスが、企てに協力した御者のミュルティロスが邪魔になったので殺し、その後、願いがかなったことを感謝するためにゼウス神殿を建てて競技会を開いた。ペロプスの没後も競技会は続き、これが始まりだ、というものである。

いずれにせよ、神話に残る競技会は何らかの事情で断絶し、有史以後の祭典とは連続性をもたない。なおこれらの伝承のうちのいくつかは、エーリス市民らがオリンピックの由来を権威付けるために後に創作したものも含むと考えられる。

ウィキペディアより転用 転用元URL

転用元に記載に「エーリス市民らがオリンピックの由来を権威付けるために後に創作したものも含むと考えられる」とありますがウィキペディアで出てくるのですから私も皆さんのその通りなのではないかな?と思ってしまいますよね。

エーリスは、古代ギリシアの地方にあります。改めて場所を確認してみました。ここから始まったのかと思うと一度は行ってみたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*