ブリヂストンがオリンピックのスポンサーになるワケがすごい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブリジストン

 

専務執行役員の石橋秀一氏は発表会において「真のグローバルNo.1ブランドを目指していく」と宣言。そのために、整合 性のあるブランドメッセージ発信、「Bマーク」の浸透によるブランドの訴求、顧客とのタッチポイントの多様化、画期的な新商品とサービスの強力な連動、と いった4点に注力していくという。特に顧客とのコミュニケーションに関しては、モータースポーツでのサポートのほか、2016年よりオリンピックにおける「TOPパートナー」契約を締結。 これは国際オリンピック委員会(IOC)の最高位スポンサーで、1業1種しか契約できないもの。日本企業では現時点において、ブリヂストンとパナソニッ ク、先日発表されたトヨタの3社のみで、契約金は年間数十億円規模とも言われている。石橋氏は「オリンピックは、多くの地域、全ての年齢層、男女の差もなく多くの方が知っていて、みなさま好意を持っている。多くの方に接触ができる非常に強力なプラットフォームということで協賛を決めた」と話す。タイヤビジネスだけでなく、ブリヂストンがオリンピックに協賛する理由は何か。もちろん、ブランド認知が理由ではあるが、それだけではない。石橋氏は、ブリヂストン創業者である石橋正二郎氏の言葉を引き合いに出す。「石橋正二郎は『世の人々の楽しみと幸福のために』という言葉を残している。スポーツやモータースポーツを通じて、感動、情熱、喜びを我々がサポートするというのを継続的にやっていきたい。ブリヂストンは2輪、4輪だけでなく、五輪もサポートしていく」(石橋秀一氏)

オリンピックのほかに、地域別では、アメリカではNFL(アメリカンフットボール)やNHL(アイスホッケー)、南米ではサッカークラブチームの頂点を決 める「コパ・リベルタドーレス」、ヨーロッパではスキーアルペン競技のワールドカップなど、各地域それぞれで盛んなスポーツに積極的に協賛していくとい う。

《橋本 隆志》

転用元リンクはコチラ

http://response.jp/article/2015/03/16/246732.html

response.jpより転用

 

現経営陣らが創設者が残した言葉『世の人々の楽しみと幸福のために』受け継いでいる。

すごいですね。

 

専務執行役員 石橋秀一氏

専務執行役員 石橋秀一氏

石橋正二郎

創設者 石橋正二郎氏

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*